Alternativa3dでボーンアニメーション付きのCOLLADAを表示してみる

2012.07.19 Alternativa3D
objファイルの読み込みは大体わかったので、今度はボーンアニメーション付きのdaeファイルを動かしてみたいなーと思ったんですが、Away3d 4.0βではCOLLADA未対応っぽかった(参考)ためAlternativa3d 8.27.0を使ってみることにしました。

bone.jpg

以前作ったキャラクターを使いまわしてボーンを適当に設定します。
その場で歩く短いループアニメを作成してCOLLADAで書き出し、Flashに読み込んでASで移動させたらこんな感じに↓

キャラの操作はできませんがWASDか矢印キーでカメラの位置が変わります。
3Dソフト上での再生と比べると動きや関節の角度が若干違うのが気になりましたが、なんとなく動いてるのでとりあえず良しとしました。

というかこれを作っている間にAway3D 4.0 Goldが公開されまして、なんとCOLLADA対応になったらしいので次はAway3D Goldを使ってdaeファイルを表示してみたいなーと思います。 管理人の環境だとなぜかAway3Dのパブリッシュがめちゃくちゃ遅いので、Alternativa3Dをメインに使っていくことにしました|・ω・)

web拍手 by FC2
◆関連記事            

Posted in Alternativa3D
最新記事
Link
拍手数ランキング
カテゴリ
Twitter